一般社団法人世界メッシュ研究所

組織

一般社団法人世界メッシュ研究所ロゴ

一般社団法人世界メッシュ研究所では世界メッシュコード(全世界の空間を緯度と経度とに基づき網の目のように区切った区画とコード)の提案と普及ならびにこの方式を用いたデータの生成と配布、利活用促進のための活動を行っています。

一般社団法人世界メッシュ研究所のロゴ:外側を囲う球形状は地球を、赤と青の人型は男女共同参画社会を、色塗の楕円と格子形状は位置情報とメッシュ統計を模様化しています。

体制

役員

  • 代表理事: 佐藤彰洋(横浜市立大学大学院データサイエンス研究科教授、一般社団法人世界メッシュ研究所所長)
  • 理事:加藤茂博(株式会社リクルート一般社団法人世界メッシュ研究所事務局長)
  • 理事:岩崎学(統計数理研究所特任教授、一般社団法人世界メッシュ研究所顧問)
  • 理事:西脇毅(株式会社おおいたCELEENA、一般社団法人世界メッシュ研究所世界メッシュコード研究会主査)

共同研究者

客員研究員

  • 釼持祐介(Special Operation Design 株式会社/株式会社時空間・行動連鎖研究所)
  • 村嶋宏紀
  • 西文彦
  • 下野寿之

協力者

協力組織


設立年月日

2020年11月4日

所在地

神奈川県横浜市


参画団体

  • スマートシティ官民連携プラットフォーム オブザーバー
  • 鎌倉市スマートシティ官民研究会 一般会員
  • 気象ビジネス推進コンソーシアム 法人会員

謝辞

  • 一般社団法人世界メッシュ研究所はJST未来社会創造事業超スマート社会の実現領域【異分野共創型のAI・シミュレーション技術を駆使した健全な社会の構築】「自律分散的世界メッシュ統計基盤アーキテクチャの設計と実証」(研究課題番号:2020 JPMJMI20B6、研究代表者 佐藤彰洋、研究期間:2020年度~)へオープンデータ、オープンソース、オープンイノベーション、MESHSTATS認証システム運用の活動を通じて参画しています。
  • 一般社団法人世界メッシュ研究所は科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業(さきがけ)「ビッグデータ統合利活用のための次世代基盤技術の創出・体系化」(研究総括:喜連川優、副総括:柴山悦哉)のもと「グローバル・システムの持続可能性評価基盤に関する研究」(研究代表者:佐藤彰洋)の資金に基づき実施された研究成果物(Grant Number: JPMJPR1504; 研究期間:2015年10月-2020年3月)の一部を保持しています。
  • 一般社団法人世界メッシュ研究所より公開されている世界メッシュ統計および世界メッシュデータは2016年度京を中核とするHPCIシステム課題研究(hp160060)「経済社会環境データを用いた経済社会システムのストックとフローに対する大規模計算」(計算資源提供:統計数理研究所)の計算資源を用いて計算された結果の一部を含み、これを保持しています。

(c) 2015-2022 Research Institute for World Grid Squares